Posted in ネットビジネスモデル

ネットを生かしたビジネスの良さ

昔リアル系の仕事が全部で、最近ネット系の仕事が増えてくると大きく違うことが山ほど出てくる。なんといっても一番大きなことは、おなじ商売でもリアルと 比べるといろんな意味で予算のかけ方が違うので、根っこの人材と顧客への対応とか商材に重点的に予算を振り分けることができる融通性が高いということだろ う。リアルの場合は店舗などを持つとそれだけでも固定費がかかるものだ。卸などの場合は営業コストがかかる。結果、ほかの部分への予算の振り分けが少なく なることにつながりやすい。人材への投資は特にそうだ。ブラック企業なんてのも、同じ報酬で長い時間働かずを得ないような環境になってしまったこともそう いったことが原因だと考えられる。企業にネットの活用がどんどん浸透していることで、社内の予算の使われ方がどんどん変わっていくことは非常にいいことだ と思うのだが、どうだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です