Posted in ネットビジネスモデル流通

データマーケティングの神髄

今までのマーケティングはデータマーケティングといってもその母数は圧倒的に少ないのが普通。リアルのアンケートやウエブでアンケートでもやはりその母数は少ない。覆面でやるグループヒアリングなんてほとんど母数的には誤差レベルだ。売上データをマーケティングに使うところもあるが、コンビニでもない限り、入店率も買い上げ率も過半数を超えているところは少なくそういったデータでは信憑性はそれほど高くないといえる。特に売上データは競合が全く見えないというところも大きな欠点だ。つまり今のこの時代にはもっと違ったマーケティング手法が望まれているというとなんだと思う。そのヒントをもしかしたら見つけたかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です