Posted in ネット流通

ファッション業界むけのビッグデータをいろいろだしてみると

最近ビッグデータばやりですが、まあ簡単に言えば単なる統計分析なのですね。こういうのは相当前からある話で、最近名前が変わってちょっと脚光を浴びているという状況なのです。統計はその分析ステップはそれほど難しくなかって、それなりの統計ソフトを使えばその種類は何十種類ぐらいしかないので大した作業ではないのです。ただ最も難しいのはそれをどう読むのかです。これはデータサイエンティストなんかでも読むのは全く難しいと思いますね。その分析先の業界をよーく理解していないとその業界の方にわかるようにさらにその業界の人が「おっと。。。」と言わせるような話は難しいからなんです。そういったわけで今回のビッグデータブームとなってもあまり一般的になるように広がることはなかなか難しいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です