Posted in 未分類

クリエイションと親和性のいいデータマーケティング

クリエイションとデータマーケティングはそもそものスタート地点が全く反対だ。そのステップもそれなりに違うのだからこそ、クリエイションとデータマーケティングはお互いの凹凸を補完できる可能性が高い。だから親和性は高いし必要なことだと考えられる。確かにプロジェクトをやっても同じようなデータマーケティングのメンバーが集まってなんやかんややってもあんまし面白くない。意見の違う人が入って来るからこそ面白いのであってということは今までの経験からも何回もある。こういうところにもダイバー発想は必要なのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です