Posted in ネットライフスタイル

トランプ大統領という選択肢

アメリカの大統領がトランプに決まった。メディアなどは不透明だから大変だみたいになっているが、今回の選挙ほど従来型メディアのピント外れなのが露見したことはないのではと思う。ネット検索やSNSで仕事をしていると、ユーザーの不満や大きく振れる意見は日常茶飯事だ。それは今まではネットだから振れるんだみたいな見方が多かったが、実際にユーザーの意見がそうなんだと思う。まあ、ネットだからある程度自由に書けるから本当の意見が表面化してきたというのが正しいのかもしれない。いくら多数のメディアが自分たちの今までの立場を守る?為にあっちがいいよと言ったところで、メディアにあまり左右されないのが実は人間で、その人間がちょっと本当に自分自身を表現しだしたというのが、最近大きく内向きのなんとかなんだと思うのである。という意味ではその傾向でトランプが大統領になったということは、自分的には政策がどうかということではなく良かったのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です