Posted in ネットビジネスモデル流通

続き ファッション業界むけのビッグデータをいろいろだしてみると

実際にデータを出してみるとという話をこの前あまりしなかったのでその続き。消費者マインドとバイヤーや作り手・売り手マインドの有利が大きく違うのがここんところの傾向なんですな。これはっきり統計解析してみてグラフで一目瞭然。実際がこうなのかは相当違うと思うけど、ネット状の分析では全く持ってピント外れ。作り手側なんか特にそうだけどほとんどリアルのトレンド情報+自分とこで売れている情報=企画するみたいな方法だからそれは外れて当然か。。。。。という感じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です