Posted in ネット流通

SNSの情報発信の仕方で競合対策が出来る

ウエブなどを使った検索まーケーティングをやっていると、自社や競合がどういったSNSツールなどのどういったキーワードに相関性が高い低いということが分かる。つまり自社はネット上の特にSNSでどういったことに思われているのかの気分が分かるということだ。当然他社も分かる問うことである。いままでそういったマーケティングは通常の方法ではほとんど無理だった。膨大な金をかけてというのであれば可能かもしれないが、毎週継続的に年間とるというようなことはどれほど経費をかけても無理だ。それが誤差はあれどもデータで出てくるのがいまだ。

先のSNSを使ってということになると、競合のどの商品がどういったキーワードと相関性が高いか低いか分かるので、それに対応したキーワードを入れた情報をきちっとSNSで配信できるよな構造を作れば相手の弱点をつけるということになる。いままでの実績では相手の牙城のような顧客層にこちらの情報を送り続けて切り崩すことも出来ている。これは今までの方法ではなかなか難しい。新しい手法はこれからもどんどん生まれそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です