Posted in ビジネスモデル

今必要な企画力はこれだ

よく企画書を作ってくれといわれるが、新規事業とかではその企画書自体何種類かの組み合わせによって成り立っていると考えたほうがいいだろう。

まずは、マーケティング分析。これは母数の多いデータで出さないと意味がない。ちょっとアンケートとりました。母数は予算の関係で1000ですなんてのはほとんどの場合意味がない。母数の桁が二桁ほど少ないからだ。

マーケティング結果から導き出される論理的な推論。これは必須なんだがあまりこれがない企画書がない。まあ、データを読みこなせないとできないことなんだが。先のマーケティングデータを統計的分析で出すのが最も基本だろう。

先の論理的推論にとらわれないでマーケティング分析などから主観的に直感的に出せる推論。これは相当クリエイティビティが必要とされるかもしれない。

次に戦略と財務を組み合わせた事業計画。これはそれほど説明する必要もないだろう。この中にはリスク分析も必要だ。

次に体制とスケジューリング。

最後にQ&A

こんな感じの6つの組み合わせで企画書といえるものが一応体制的に出来上がったことになるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です