Posted in ビジネスモデル

1年の計は元旦にありというが。

最近の仕事の仕組みつくりはネットの浸透で早くなったのかというと移り変わりが激しいので、逆に時間をかけてある程度のロングで行けるビジネスモデルを開発することが多くなってきました。だから今年はどうだみたいなことはほとんどなく、このプロジェクトは4年目だからこう、このプロジェクトは3年目だからこう、このプロジェクトは2年先からスタートするのでこう、このプロジェクトは4年目先からスタートするのだからこう見たいな考え方をすることになったので、年始だからこうするみたいなことは特にないというのが最近です。まあ気分で今年はこうするぞといってみたところで、毎月あるいは隔週でどこまでウオッチできるかがすべてで、それほど新年であること自体の意味はないといえるのです。特にプロジェクトによってはスパンが短いのもあれば長いのも並行して流れているので、同時にいい気に切れ目が来ることもないのでということもあるでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です