Posted in 未分類

流通系のコンサル会社はこれから大きな転機に

ファッション系はいいことあまりありません。同様に百貨店などの既存流通も非常に調子が悪いです。大型の量販も同様でしょう。確実に今後もなくなる書店などはどう行った方法も功をそうしないでしょう。それに頼っている周辺産業印刷業なんかもこれからどんどんなくなってくと思います。印刷業はすでに儲けガシラの包装印刷もダメになるでしょう。話戻って流通業の中で従来型のコンサルはなぜ難しいのか、それはネットのことが理解できないからです。さらにリアルとネットの数字を双方マージしながら、それに多大な影響を与えるSNSなどの分析ができないようなところは、全く頓珍漢なことをいうことになっていくでしょう。販売で人の力が大事だというようなところもAIや自動認証が導入されてくるとレジ自体も人の手を使うことはなく、さらには接客というようなことは死語になると思います。店頭販促もほとんど効果なく、昔ながらのデジタルサイネージもほとんど効果がないようになるでしょう。VMDなんてのもネットのでの情報の伝え方が大きく左右するのでその効果は半減以下になるでしょう。単品管理という言葉もAIを使えば予測と最適化が可能になるので、バイヤーがこういう売り込み型をするので責任発注しましたということも聞かなくなると思います。すでにリアル店舗を持たないで同じ商品を違った売り方でネットだけ数十億販売しているところも多数あります。ネットの世界では有名でも、リアルので世界では店舗すら出すことも意味がない時代がきているところもあるのです。ショールーム店舗とかいうてる場合じゃない時代が来ています。その時代に総合的に多角的に統計的にAI的にネットファーストでわかるコンサルがどれほどいるかです。今までの有名だったコンサルは全部無理なのです。全くついていけてないのです。。。。。という時代になりました。今までの流通コンサルは少なくともIT系のコンサルに完敗することが確実になって来てると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です