Posted in ネットビジネスモデル

トランプの考え方が面白い

貿易交渉の中でその要求内容は別として、面で共通していこうというTPPの方式よりFTAのような個別のほうが双方の利を合わせやすいことは当然だと思う。もちろん交渉の相手が大きくなると条件的には押されるのであるが、双方の利を合わせられる可能性は広がると思う。

マスコミの使い方も面白い。今までのマスコミは名称はマスコミを使っているがなかなかトランプのフォロワーのように2000万という数字を出しているところは少ない。もちろんツイッターと新聞とを一緒にした困ると古いタイプのメディアは言うのだろうが、今時(日本では)紙の新聞を見ている人は電車の中でもほとんど見たことがない。大体がスマホで見ているケースではないだろうか。しかもまとめサイトを見ているケースも多く、どこどこ新聞のアプリを見ている人はどれくらいいるのかようわからない。それでもトランプ一人のフォロワーには及ばないということは、日本の新聞や欧米の新聞よりもトランプのツイッターのほうがマスコミなんだということではないだろうか。そう、個人でマスコミ以上のこともできる時代が来ているのである。それに気が付いていないマスコミは、実質過去のマスコミと言われていたメディアということなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です