Posted in ビジネスモデル研修/コンサル

契約を取りに行くということは

大体古い企業体で考えているところは、誰がトップで誰が資本を出して、、、、と言う話が出て来るが、今時のプロジェクト型の仕事とかソーシャル型の仕事ではちょっと馴染めないスタイルだと思う。リスクで金がかかってその分損が出たら誰が被るの?という話をする人は大体自分の仕事は報酬が発生したらやるけどという考え方のようだ。このプロジェクトに自分のワークで投資しようという考え型がない。そうだとするとこういうタイプの考え方では予算が確実に確定するまで動かないので、競合がベンチャーの場合にはそのスタート時点で完全に出遅れ負ける。その前にそういうチームに契約をふろうというところも最近は相当少なくなって来ただろう。ネットでいくらでも事前情報が取れる、ネットを活用すれば従来とは何桁も違うコストと手間で動ける時代だ。契約を取る姿勢が大きく変わったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です