Posted in ネットビジネスモデル流通研修/コンサル

新しいビジネスをクリエイトする重要性

コンサルタントや自営業をやっているとどこかから仕事を取れることを念頭に考えているところが多い。もちろんそれで経営が成り立たてば問題ないし、それで自分の目指す方向性と一致するのであればさらに問題はない。でも往往にして来る仕事がいい形で来るとは限らない。時期的に重なったりなかったり、あるいはクライアントの意向で左右されたりということである。必然的に年々の売り上げを順調に伸ばすにはそれなりの仕組みが大事だし、それが実現できるところは限られて来る。永久的にいい形が続くことは確率的にはほぼない。

ある程度経営の仕組みが分かっていところは、継続的に自動で売り上げがたまる仕組みを作ったりするはずだ。それが課金システムであったり、不動産であったりなどであろう。つまり仕事がきたらどうにかなるのではなく自分たちで継続的に売り上げが溜まる仕組みを作る必要があるのだ。ビジネスやビジネスモデルを教えるコンサルならこれができていることが必須と言えるのではないだろうか。

ではどのようなビジネスをクリエイトするのかは、クライアントにビジネスモデルを新たに導入するのとほぼ同じである。新たなビジネスモデルを提案して実行するのが自分というだけなのだ。まずは、自分のできることと周りの環境を全て見える化することから行う。自分のコンサルノウハウを会員化してなんて思っている人も多いだろうが、それではまだまだボトルネックが多い。ほとんど自分が関わらなくっても自動で溜まって来るぐらいのことを考えるのだ。自分たちでイーコマースを行うのもまだまだボトルネックが多いと思ってもらいたい。ちなみに我々の周りは不動産位行き着いたところが多いことは事実だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です