Posted in ビジネスモデル流通

自己流経営の良し悪し

最近自己流経営の人に接する機会があったが、非常に視野が狭い人とそうでない人の差があるなあと思う。視野が狭いということはそれだけで判断内容の分野が狭ばりそれだけでボトルネックが大きくなる。今の時代今までの経験値だけでは全くカバーできない分野が多数あり、しかもその分野が様々な形で連携するので、視野が狭いとそれだけで大きなハンデを負うことになる。

もちろん自己流経営の手法でも視野はが広い人もいるわけであるが、そういった人たちは様々な手法でネットワークを広げるだけでなく、ネットの活用などで今までのネットワークの広げ方では不可能だったところにまで視野を広げている。これはその人の努力に他ならないわけで、逆に大きなパワーを持っている人に出会いやすい傾向でもあるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です