Posted in ビジネスモデル流通研修/コンサル

コンサルタントとして生き延びるには

ここんところコンサルタントと称する人が多い。相当長いこと特定の業界を経験してきた人や、研修講師からコンサルタントになった人や、先輩などについて学んで独立した人などその経緯は様々だ。

でも長い期間それだけで食える人はなかなか少ない。中には本を出したので大丈夫だろうとか、今まで企業で上のほうにいたから大丈夫だろうとか。。。さまざま思うわけだが、これほどネットを探せば相当な情報が手に入る世の中ある程度筋の通った方法をやるしかないように思う。

とことん仕事を回してくれるところにへばりつく。
様々な仕事が来ればどれでも受けてみて、できる範囲をとことん広げてみる。
ひとつのことだけを思い求めその分野に関しては他のどのコンサルタントよりも情報量が多い。
独特の分析手法を持っていてそれは誰も真似ができないレベルのものがある。

こんな中から選ぶのであろう。どこもそのボトルネックは営業先をどう広げるのか、それをこなせるリソースを確保できるのか、されに成果が出るのかという3つもボトルネックが出てくる。あまり割の合わない仕事なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です