Posted in ビジネスモデル研修/コンサル

トップダウンマネジメントでよくある間違いパターン

トップダウンマネジメントである場合、
トップに決断をするテーマのことを十分誰よりも理解し、
それを説明できて、
自からも実行できて、
客観的に状況を判断し、
自分はいつもまだまだ伸ばすことがあるのに十分できてないと自覚し、
自ら進んで間違いを直すぐらいのことでないといけない。

そうでないのに自分はオーナーだからとか経営者だからというだけで運営していくと当然部下は続かないということになる。しかもそのパラドックスがわからないトップは何回も同じ間違いをする。こういう場合コンサルタントも意味がない。ほとんどの場合このコンサルタントは使えんということになるからだ。いくら正しい方向に導こうとしても無理だ。さらにたちが悪いのが自分が一番でないとダメというタイプだ。よくできる周りのスタッフに嫉妬するというのもひどい。誰でも完全なことはないので上に立つ人間ほど謙虚でないとダメだがそれができないのならトップにはなれない。管理職でも無理だ。なったとしても周りの人間がすぐに見切るので誰もついて来ないことになるケースも多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です