Posted in AI 人工知能 ビッグデータネットビジネスモデルライフスタイル

第1回 AI・人工知能EXPOに行ってきました。

2017年6月28日から30日までの開催の第1回 AI・人工知能EXPOに行ってきました。とにかくもの凄い混雑で最近の展示会でもないぐらいの混みようでした。まあ、まだ日本ではビジネスアシスタンス的な使い方のが多いようなのでまだ本格的な人工知能を使った提案は少なかったですが、まあ混んでましたね。期待の大きさが先行している感じで。そこらへの写真は、https://www.facebook.com/asianetmで写真を載せますので見てくださいということで。

下記、FBPにも載せてますが、そこからの転載です。

久々に会場入り口でガーンと列ができる展示会に出くわしました。とにかくどこに何があるのかわからんし、担当者捕まえるのも四苦八苦。どかーんと押し寄せているという感じです。と言いながらも実際の内容はどうなのかは。。。。。

担当者によると引き合いは多いけどその結果を有意義に使えるかどうかの設定は導入する方もそれを支援する方もまだまだだということなのです。
導入したい方が何を目的にまず導入するのか、そのためにはどのようなノウハウや情報を揃えられるのか、そこからどう行った答えを出すことで、利用者が今までではできなかったことが可能になるのかなどのストーリーが見えててでも進めていくことができるかなどなかなか今まで経験しなかったことに当たるのでどちらも自由自在に考え方や進め方を変えられるかどうかに尽きるのでしょうね。
だいたいAIのタイプもこれからどんどん別れていくと予測できます。アシスタント型か、フレンドリーサービス型か、情報サーベイ型か、アラーム型か、予測型か、処理スピード型か、何種類かの統合型か、B2C向けか、B2B向けか、M2M向けか、他のAI向けか、、まだまだ他にも山ほど様々なタイプに別れてくるでしょう。そうなると業界の序列や枠組みもガラッと変わるともうのです。例えば今まで不況業種だった百貨店が一気に成長業種になったりとか。。。こういうことも起こりうる時代が見えてくると思われるのですね。楽しみです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です