Posted in ネットビジネスモデル投資流通

どんな場合でもマーケティングといえる

よく経験でとか、直感でとか、なんとなくとかコミュニケーションでいう人がいる。商品開発でも営業戦略でも経営戦略でもだ。しかし、それがうまくいくケースはやはり確率は少ない。株のトレードを経験していくと、何年も勝率が6割以上とか、トレードのクラス別でも6割ぐらいをほこっているストラテジーがあったりする。誰がやってもというと語弊があるが、取引結果の分析をしてみてこの勝率ということは、通算ではビジネスになるということだ。こんな割合で先の商品開発や営業戦略なんかでもうまくいっているところは、一瞬はあっても継続的には少ない。精度の高いマーケティングの重要性を痛感するのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です