Posted in ネットビジネスモデルファッションライフスタイル商業施設地域おこし投資流通海外進出研修/コンサル

まったり感がトレンド??!!

若い人でも中高年でも最近我々の企画ミーティングの中で出てくるキーワードが「まったり感」だ。

あらゆるときに出てくるので最近の潮流はこれだと自分でふんでいる。まああたらないか。

 

Posted in ネットビジネスモデルファッションライフスタイル商業施設地域おこし投資未分類流通海外進出

リアル型店舗の進化は?

一時期前までショールーム形式の店舗を増やせばみたいな話があったが、それじゃネット販売比率が半分どころかところによっては6割以上みたいな構成になってしまうのは容易に想像できる話である。これじゃ社内の今までの力バランスが崩れてうまくいかないところもふえるだろうとおもう。まあ、ネットがメインリアルがおまけと思えるところはいいのだが。と言ってこと体験という話で行く場合、ファッション系なんかイベントやショーをやったところで所詮売ろうかな魂胆なので毎回行くには無理ということになる。まあネタがイマイチなわけだ。これも飲食系はいくらでもできそうだが物販系はなかなか難しいところもおおいわけだ。リアルを商品お受け渡しというのも無理がある。コンビニの方がはるかに便利だからだ。

で、どうするか?  大きくは2種類の方向性があると想定している。

リアル中心で高経費体質を維持できるようなものつくりが維持できるか? ディスカウンター業態が出れば一発なんだが、それが攻めてくる前に新しい業態を作り続けるということになる。物販でも飲食のようなショットガン型業態つくりの時代が来るのか?  なかなかしんどいのだが飲食のやり方をよく検討すればできそうな気もする。

もうひとつはやはりとことんネット業態に特化して行くのか?  これが最も安全対策だと思う。可能性はいくらでも広げられるからだ。問題は経営者や周りの取り巻きがネットの方法がイマイチというか全く理解できていないのが問題だなんだが。人材総とっかえだろうね。

Posted in ビジネスモデル投資流通海外進出

夢を見れる経営者はやはり素晴らしい

いろいろ経験しすぎたのか、ワクワクすることは昔に比べて少なくなってきたと思う。当然夢をかなえるために全力投球ということも減ってきた。周りでその夢をかなえるために何回もトライしている経営者がいる。それほど付き合ってきたわけではないが、話を聞くとそれはすごい情熱力である。うまく経営しようとか、少しでも金を稼げればいいとか、失敗しなければいいやとか。。。いろいろの思いを持ってしまっている人もいるわけだが、夢を見ることや夢をかなえようとしてる人を応援するとかという姿勢を忘れたら終わりだと思うね。

Posted in ネットビジネスモデルライフスタイル不動産投資海外進出

国内回帰のアメリカが面白い

国内回帰の内容・実態がほとんど無いアメリカの経済が最近面白い。予算が無いのに企業の税率を下げようとしたり、一般国民の皆保険を取り上げて労働就業率を上げようとしたり、余計時間がかかる1対1の交渉で貿易問題を長引かしたり、、、。これは世界中からアメリカがスポイルされて、他の国がどんどんのし上がるチャンスを与えてくれるということを考えると非常に有効な政策だと思う。多極型の世の中の流れにまさに乗っていると思う。最近目が離せないアメリカだ。

Posted in ビジネスモデルライフスタイル不動産投資地域おこし投資流通海外進出研修/コンサル

よくビジョンを持てというが。。。

昔の経営者向けのセミナなーなどではよくビジョンを持ちましょうなんてことを言ってました。。。。が、よく考えてみるとそんなことをやっていると変化に対応できないとか、ビジョンを作ることで反対に視野が狭くなるとか。。。。なんてこともあって本当にビジョンを作ることが今時なのかと思うことが多い。

今時長期計画を作って悦に入っているところも多いけど、そんな時間があったら、もっと前に進めよ言いたいところも多い。。今時のビジョンは「何でも視野を広げて変化し続けますよ」というのがええんと違うのではないでしょうかね!!!!

Posted in ネットビジネスモデル投資流通海外進出研修/コンサル

アパレルでもどんどん合併するべしだな。

アパレルの不振がここんところ定着しているのだが、それを放置してる関係者やコンサルタントにも大きな責任があるのだが、ここは大きく発想を変える時期に来てるのだと思う。まあ他の業界はすでに相当やっているのだが、アパレルは相当遅れていると言わざるを得ない。それは様々な企業との合併で進化することだ。普通に川上企業や川下企業と合併するのだけではなく、他の業界ともまずはコラボレーションをやるぐらいの気持ちでスタートし、どんどん入り口を広げていくことが新たなビジネスモデルを生むと同時に真空マーケットを発見できるチャンスを広げることができるのだと思う。まあ合併することにチャレンジすることですかね。

Posted in ライフスタイル不動産投資海外進出

アメリカとドイツの不動産投資が面白い。

オウチーノ主催の海外不動産セミナーに行ってきた。結構分散投資的な考えやキャピタルゲイン狙いや2020年以降など様々な懸念事項なのか沢山の来場者があったようだ。この手のテーマではやはりアジア新興国向けの投資が多いんだけど、一部アメリカとドイツ・イギリスなどの欧米の投資ブースなどもあって個々に話を聞いてきた。ドイツの制度の確かさ、アメリカはやっぱり広い。まだまだ人口増で住宅がどんどん立っているところも多い。それに価格的に相当リーズナブル。あの建物であの内装でこの価格?というのが山ほどある。日本の区分とかじゃ到底お目にかからないようなレベルのが。。。これは相当差がありますね。ということでどうするか思案中。って限度あるんだけどね。。。。

 

Posted in 不動産投資海外進出

ホノルル不動産調査

ホノルルは有数の観光地であり、ホテルコンドやタウンハウスなどの不動産投資が盛んなところであるといことで、今回2回目の不動産調査を数十カ所以上やってきた。集中して回っているので結構ハードな数日であるのだが。。。。。

Zillowなどの情報を元にワイキキ中心にダウンタウンまでのエリア内で徒歩とバスで走り回るということだ。ワイキキの不動産は前回の調査時から見ると4ー5割価格が上がっているという状況である。家賃収入がそこまでは上がっていないので利回りは悪く、銀行融資などを考慮すると3%台で収支トントンを切るということになる。担当してくれるエージェントにもよるがなかなか日本のように家賃収入で黒に確実になる物件は少ないというのが感想だ。だとキャピタルゲインでということなのだが、物件ごとの過去の推移を見ていると数回山も谷もあるのでそこらへんはタイミングということになってくる。管理費の高いホテルコンドよりはタウンハウスの方が総合的には優位だと今回は結論にいたった。引き続きここの物件を調査する

Posted in 不動産投資海外進出

例えばアメリカで不動産投資をするとなると

アメリカのいいところは不動産情報が結構オープンなんです。まずはZillowであたりをつける。これはというのがあればばかすかエージェントにMLS情報をもらう。日本語の通じるエージェントが肝ですが。まあ結構年間利回りが悪いのとトラブルも日本のとは違ったレベルのものがあるのでそこは気をつけないとだめですが。州によって法律も違うのでオーナーにやさしい州のところでの投資がいいです。